ランキング


40代の女性の肌は、ハードな曲がり角!女性ホルモンの減少などで体が変化し、肌も急激に衰えるといわれています。一刻も早い、適切なケアが必要です。では、そのための化粧水はどんな商品を使えばいいのでしょうか?

40代の女性のこのような深刻な悩みを解消するために…効果が実感が期待できる人気の化粧水を調べてみました!

40代は、女性にとって最もツライ年代といえます。

一般に、女性は男性と比べて年齢によるカラダの変化が早く訪れるといわれ、40代はまさにそれに当たります。

この年代は、女性は閉経によってカラダが大きく変わってゆき、これまでカラダを支えていた女性ホルモンが激減し、更年期障害の症状も起こってきます。

この女性ホルモンは、これまで女性の肌の美しさや健康を保ってくれていた大きな要素ですが、これを40代、特に後半に急激に失うことになるのです。

40代は肌にとって最も大きな分岐点

このように、加齢による影響も加わって、40代は肌にとって最も大きな分岐点となります。

40代の肌はホルモンバランスの関係で皮脂分泌が乱れやすく、新陳代謝が落ちてくるため肌を整える成分が不足して乾燥気味になってしまいます。

その具体的な変化で最も多いのが、急激な乾燥です。

エストロゲンという物質が減ることや、肌の機能低下によって水分蒸発を防ぐバリアが損なわれ、肌の水分保持ができなくなります。

このため、シミが増え、消えなくなったり、肝斑という30、40代に特有のシミが出ることもあります。

また、40代が感じている肌の悩みで多いのは、たるみです。

真皮層に存在しているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は、肌の弾力を生み出して角質層とその下にある表皮を支える役割を果たしています。

真皮層の成分を生成している繊維芽細胞は、加齢や紫外線、ストレスや生活習慣による活性酸素の増加で機能が衰えてしまい、生成量が減少してくると肌内部の成分が不足してくるため、肌を支えきれなくなり重力に負けて下がってしまうのです。

コラーゲンは表皮近くの基底層にも存在していて、ターンオーバーを促進して紫外線で増えたメラニン色素や老廃物の排出を促す特長があります。

40代の肌は20代や30代の肌と比べてターンオーバーの周期が長くなり、さらに成分が不足することで本来なら排出されるはずの物質が肌に残ってしまうため、肌のハリの低下やたるみ、ニキビの発生、シミ、シワ、毛穴といったいろいろな悩みも起こってきます。

40代の肌をきれいに保つには、エイジングケアができる成分が配合された化粧水でケアをして、肌の衰えを感じさせないことが大切です。

40代の肌にみられる特徴

お肌は年齢を重ねていくごとに変化していくものですが、40代の肌にみられる特徴としましては乾燥状態やハリが低下していくことや、シミとシワが増えていくことがあげられるでしょう。

これは、40代といえば女性ホルモンの分泌量が減っていく時期になりますので、コラーゲンやセラミドといった成分の体内での産生量が減少していき、肌のハリが低下していったりシワとたるみが現れるからです。

皮膚の真皮層にはコラーゲンがあるのですが、不足した肌は弾力が失われてたるみやシワができることになりますので、スキンケアで特にコラーゲンを補ってあげることが大切です。
加えてヒアルロン酸やアミノ酸もとりいれていくのが理想的です。

それから、皮膚の角質層にはセラミドという成分があって保湿をする役目をもっていますが、このセラミドや天然保湿因子と呼ばれる物質も40代は減っていくことがわかっています。

肌の特徴には、保湿の力が低下していくとバリア機能も衰えていくもので、このことで乾燥状態になったりいろいろなトラブルが肌に起こって見た目年齢にも影響がでますので対策を行うことが大事になるでしょう。

また、紫外線などの外的要因による刺激が加わると皮膚の真皮層にあるコラーゲンがダメージを受けて肌にシミが現れたり、シワやたるみも招いてしまうと言われています。

40代にもなると長年紫外線を浴びていますから、老人性色素斑であったり肝斑や脂漏性角化症といった皮膚の老化現象も出てくるのが特徴的です。

さらに40代は、女性ホルモンと男性ホルモンの分泌量のバランスが不安定になっていく時期にあたり、女性ホルモンが減っていき男性ホルモンの方が多くなりますと皮脂の量が増えてニキビが発生しやすい傾向にもあります。

正しいスキンケア方法を行って、肌のトラブルを避けたり対処していきたいものです。

40代の肌の特徴とトラブルを抑える方法

40代になると早い人では閉経を迎え、そうでなくてもだんだんと女性ホルモンが減少して、お肌の水分量が減少して乾燥しやすくなってきます。

乾燥によってシミやしわ、たるみなどがはっきりと出始めて、更に肌のターンオーバー機能も落ちてくるので出てきたシミも消えにくくなります。

このことからも、40代の肌トラブルを抑えるためのスキンケアのポイントは保湿にあります。

しかし、20代や30代と同じ保湿(乳液)を使っても効果はあまり感じられません。

保湿のためのアイテムを選ぶときにはエイジングケアの効果があるものを選ぶのがお勧めです。

また、乾燥しやすいことは紫外線などの外的要因による影響も受けやすい状態ですので、季節に関係なく年中日焼け止めを塗ることは大切です。

外出時間が長くなりそうなときは日傘や帽子も併用するとより良いです。

室内や車の運転中にも紫外線はしっかりと降り注いできますので起床したら日焼け止めを塗ることを徹底しましょう。

シミやたるみは一朝一夕には改善しませんが、エイジングケア成分の入った化粧水など、入っている成分にこだわって購入します。

特に出来てしまったシミにはビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸が有効です。

乾燥させないために洗顔を水だけで済ませてしまうのはお勧めできません。

特に洗顔料やクレンジングにはこだわりを持たない方が多いのですが、汚れをしっかり落とすことは大事ですのできちんと洗顔を行います。

ゴシゴシとこすらない様に洗うのは若いときと同じですが、同様に優しく丁寧に泡でクッションを持たせて洗うことを心がけ、それでも十分に汚れが落ちて洗顔後に突っ張らない、乾燥しないものを選ぶと良いでしょう。

顔のたるみには表情筋を動かすエクササイズで、口を大きく開けてあ・い・う・え・おと順番に言ったり、食事の時によく噛んで食べると、普段使わない筋肉を使うことで効果が実感できます。

また、目頭からこめかみ、あごへと順番に老廃物を流すようなイメージで、特に首には太いリンパが流れていますのでしっかり首からデコルテまでしっかり流すようにリンパをマッサージしてあげると顔のむくみも取れ、くすみにも効果的です。

このように女性ホルモンの減少で肌の乾燥が主な変化ですがそれによって老化現象といえるさまざまなトラブルを引き起こします。

これまで以上に肌と向き合って、洗顔から保湿までお肌に使う商品は少し高価でも年代に合ったものを使うことが大切です。

化粧水によって、肌を整え、必要な水溶性の美肌成分を届ける…!

このように、40代の肌は急変しますが、きちんとお手入れをしていれば若々しい肌を保つこともできます。

その対策のポイントは、乾燥対策にあり、ケアは「保湿」といっていいでしょう。

20代のプルプルした肌から、ハリと弾力を失った乾燥肌への変化…この原因は、細胞の水分量低下とコラーゲンの弱体化…つまり、肌細胞の水分保持成分セラミドと、真皮のコラーゲンの減少によります。

保湿対策の要はセラミド配合の化粧品が有効であり、真皮コラーゲンの強化はビタミンC配合化粧品が基本となります。

化粧水の役割は、この水溶性のビタミンC誘導体を安定して肌に送り届けることにあります。

毎日の肌のお手入れに化粧水はかかすことはできません。

40代に入ると、加齢により肌の水分はどんどん失われ始めます。

そのため40代からはアンチエイジング対策も重要になってくるでしょう。

正しいスキンケアの方法としてはクレンジングと洗顔でメイクや汚れを落とし、化粧水をつけ乳液、クリームの順で肌に塗っていきます。

近年では保湿効果の高いクリームも数多く販売されていることから、化粧水は使わなくても大丈夫なのではないかと思う人も見られます。

しかしどんなに保湿効果の高いクリームを使ったとしても化粧水を使わずにお手入れをするのはやめた方がよいでしょう。

化粧水の役割は肌に潤いを与えて肌の状態を整えることです。

使わなければ、洗顔により失われた水分を補うことができません。

化粧水を使わなければ角質層の水分を蒸発し肌が乾燥することになります。

この失われた水分を補給するのか化粧水です。

洗顔をした後に化粧水をつけることで、肌に水分が行きわたり角質層が潤います。

40代の肌にとって化粧水をつける目的は何でしょうか?

体の機能をコントロールするホルモンは様々なタイプがありますけど、肌のコンディションに大きく影響を及ぼすホルモンは、卵巣から生みだされるエストロゲンです。

これは女性ホルモンと言われるものの一種で、この分泌が年を取るにつれて少しずつダウンするせいで、しかも皮脂の分泌もダウン傾向が見られる40歳過ぎの肌は、乾燥に傾きぎみです。

そういったことによって「化粧水をつけるわけは?」と聞かれたら、多数の40代の皆さんは「潤い」と答えるのかもしれません。

そう言われると洗顔後のつっぱり傾向にあるスキンにとっては水溶液状のものを塗ると、肌なじみもすばらしく肌がうるおい、モイスチュア対策うまく行っているといったように感じます。

しかしながらこのことは考え違いで、表皮につけた水気は角質層の2~3層ぐらいのみにしか行き渡ってなくて、5分もすれば蒸発しだします。

ホントの保湿対策というのは外部から潤いをカバーすることじゃなく、身体の中より湧き出てくる潤いを角質層の内に縛っておくよう作用することとなります。

そう言うことから、皮膚内の方で潤いを保持するセラミドやヒアルロン酸、天然保湿因子(NMF)というものをフォローすることこそがホントのうるおい対策なんですけれども、残念なことですがこういったわけても潤いに一番大きな作用をするセラミドは油溶性ですので、水気が大半を占める化粧水においては含有がむずかしい成分です。

一言でいうと、化粧水だけでうるおい対策をすることは、充分でないことを理解しておくことが必要です。

実際のところ、アメリカやヨーロッパでは化粧水はモイスチャー対策のためにはそれほど使われてなくて、クレンジングの仕上げや角質を排除するための取除き化粧水の方が普通と言われています。

40代が化粧水を使うことのメリットは?

40代ともなると、肌の弾力や肌が保持する水分も若いころに比べて格段に低くなってきます。
前日、お風呂上りにほんの少しケアを怠った為に目の下にクッキリとシワが刻まれているなど、翌朝起きて鏡の中の自分にショックを受けてしまうことはありませんか。
クリームや美容液などのアイテムを増やすことも効果的ですが、ここは一度化粧水の必要性について考えてみましょう。

今はスキンケア用品も多様化しており、化粧水の中にも美容液と同じようにとろみのある商品や、オールインワンゲルといった手軽なものまで様々です。
美容液のように成分が詰まったもの、化粧水でも水分よりとろみなどコクがあるものを肌につければ良いのではと思って使い続け、その結果以前よりもシワが目立ってしまい水分量も低くなってしまった、メリットどころかデメリットのほうが大きかったという方がおられるのも事実です。
効果があると思って使用していた商品や、同年代から良い評価を得ている商品でも、自分自身に良い効果を得られなければ意味はありません。

以前テレビで「2週間、クリームだけを使用して肌の水分量を復活させる」という方法が話題になりました。
もちろん、効果を得られた方もおられることでしょう。しかし全員それが合うというものではありません。
口コミを調べるのは勿論大切ですが、敏感肌をひとつとっても、全員肌のタイプが違うのでサンプルなどで地道に自分に合う商品を見つけることが必要となります。

実年齢よりも若い女性が使うような化粧水でも、自分の肌に合っていれば使用をためらわず有効利用しましょう。
高額な化粧水を少しだけ使うよりも、沢山水分を与えることが肌にとってはメリットが高いと言えます。

40代はとても難しい年齢です。
周囲を見ても、とても若々しい方もおられれば、実年齢よりもずっと上の年齢に見られる方もおられます。
それぞれの持つ雰囲気や骨格などの顔つきなども関係することもあり、肌そのものだけで判断するものではありませんが、40代という年齢の割にはシワが目立ったり、肌そのものに生き生きした様子が見られないと、実年齢よりも上に見られてしまうことは免れません。

40代だからもう、と諦めるべきではありません。
まだまだ輝き続ける為に「肌には先ず水分」ということを頭に置きましょう。
何事も土台が大切です。
面倒だから乳液と美容液など成分の高いものだけを使用するのではなく、土台となる化粧水で肌を整えることでみずみずしい肌を保持して行きましょう。

化粧水の目的は、美しい肌に効果的な水溶性の成分を補完するため…!

それでは、化粧水は何を目的として付けるのだろうかといいますと、洗顔を終わった後の肌を整えること、さらには、きれいな肌づくりに効果的である水溶性の成分を肌に届けるためです。

化粧水で肌に取り込みたい水溶性の成分としまして、ビタミンC誘導体を挙げることができます。

このビタミンC誘導体は40代の人が悩むしわやシミなど数多くの肌の不調に効果的と言われています。

それから、この成分は水に混ぜ合わせる方が安定的な効果を発揮してくれますので、化粧水におすすめの成分となっています。

けれどもビタミンC誘導体というのは刺激もちょっと強めな感じなので、カサつきとかで皮膚が弱くなっている40代の肌では、皮膚に刺激の少ないプラセンタエキスを使用するのも悪くはないと思います。

プラセンタエキスも美白効力やモイスチャー効果があげられますので、40過ぎの悩みを持ったスキンに取り込みたい成分です。

こういった様に化粧水というものは、肌を整えること、それに加えて皮膚が求める水溶性の成分を届けるために使うという気持ちをもつことが大事になります。

そうして化粧水を選択するときには、どういった成分が含有されているのかチェックをするようにするといいでしょう。

40代の女性におすすめの化粧水の成分

40代を迎えた頃から、以前までは気になっていなかった乾燥やしわ、シミなどが目立ってきているという方も少なくありません。

こういった肌トラブルを事前に防止して、若さのあるお肌を維持するためには、40代の女性のお肌に適した化粧水を使うことが重要です。

ところがネット通販やドラッグストアだと保湿力が高いものやエイジングケア、美白に特化しているものなど色々な化粧水が提供されているので、どれを購入したらよいのか迷ってしまいます。

若かった頃から同じ種類の化粧水を変わらずに使っていたり、こだわりを特に持たないまま新しく発売された化粧水を試している人は多いです。

お肌のトラブルや老化を知らない美しいいお肌になりたいのであれば、40代を迎えて変わってしまった、お肌に応じて選ぶのことが必要になります。

まず40代の女性が化粧水を探す基準として挙げられるのは、まず保湿力が高いかどうかということです。

年齢を重ねるのに伴って女性ホルモンが分泌される量が減っていくことの影響によって、お肌の潤いと皮脂の量も減ってしまいます。

結果的に、お肌が乾燥してしまい色々な、お肌のトラブルが引き起こされてしまうのです。

お肌が乾燥するのを防止するためにも、40代の女性のお肌には高い保湿力の化粧水を使うのがおすすめになります。

化粧水を選ぶ上で必要となってくるのが成分の確認です。

40代の女性が美しいお肌作りをするのに役立つ、おすすめの成分としてはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが挙げられます。

これらの成分は、保湿力が高い成分となっていて、お肌が乾燥するのを防ぐ上に小じわを薄くするのにも効果的です。

これらの成分を豊富に配合した化粧水を使うと、お肌がしっとりする感触をより一層高めてくれます。

スキンケアをしも、お肌が乾燥しているように感じる人は、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が豊富に含まれている化粧水を使うのがおすすめです。

くすみやしわは40代の女性のお肌に関する代表的な悩みになります。

それらの原因となっているメラニンが生成される働きを抑制することで認知されているビタミンCは非常に分解されやすい成分で、化粧品にそのまま配合しても、成分としての効果が得られないとされているのです。

ビタミンC誘導体は、お肌にビタミンCがちゃんと浸透するように加工した成分になります。

メラニンが生成する働きを抑制する他に年齢を重ねる度に乱れやすくなる、おはだのターンオーバーを正常に働かせてくれるのです。

ですのでビタミンC誘導体が配合されている化粧水もおすすめになります。

40代のスキンケアに必要な化粧水とは

個人差は勿論ありますが、40代になれば肌の状態、コンディションを左右する女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量は低下していきます。

そしてそれだけではなく、肌に潤いを与えてくれていた皮脂の分泌量も減少していきますので、40代の肌は20代や30代の時に比べると格段に乾燥しがちになっていきます。

肌が乾燥することでシミやシワ、たるみ、くすみに毛穴の開きというような様々な肌トラブルがおこってしまいます。

ですからこれまで以上に肌が乾燥することがないようにした、保湿重視のスキンケアが必要となってきます。

40代でもツルツルの潤いがある肌を持っている人はいらっしゃいます。

彼女達が潤いのある肌を維持出来ているのは、保湿を重視したスキンケアを実行しているからでしょう。

例えば肌に十分な潤いを持たせるためには、肌の奥にある角質層の水分量を保つ必要があります。

肌の乾燥がすすむと肌を守ってくれているバリア機能が低下してしまうので、一気に肌のトラブルが近づいてきます。

化粧水は肌のコンディションや角質層を整えるために水分を補い、肌のトラブルを未然に防ぐ役割をします。

そのため、化粧水はスキンケアにおいて重要な地位を占めている化粧品と言えるでしょう。

40代の方が化粧水を選ぶ基準としては、やはり保湿を優先させるべきでしょう。

加齢とともに減少する女性ホルモンの分泌量の影響で、肌は常に乾燥しています。

スキンケア商品を選ぶ時にはまず成分をチェックするのをかかさないようにしましょう。

例えばおすすめなのはセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンです。

高い保湿力を持つ線分であり、肌の乾燥だけでなく小じわにも効果的ですから、これらの成分をベースとした化粧水を選ぶことで肌のしっとり感を高めます。

また、ビタミンC誘導体入りのスキンケア商品ならアンチエイジングや美肌作りに効果的と言われています。

40代の肌の代表的な悩みはシワやくすみですから、その原因となるメラニンの生成を抑える効果があるビタミンCが必要です。

しかしビタミンCはとても壊れやすい成分ですので、そのまま商品へ配合しても効果を得ることが難しいといわれています。

そのため、ビタミンC誘導体を配合し、ビタミンCがしっかりと肌に浸透するように改善しているのです。

他にもプラセンタエキス入りのものも効果的とされていますので、自分の予算をしっかりと見極めてベストと思われる化粧水を購入して下さい。

40代の化粧水を選ぶポイントの概略は…?

40代の肌に合った化粧水の選び方としては、アンチエイジング効果の高い、水溶性の成分が配合されているものを選ぶことが一つのポイントとなります。

40代の化粧水は、新陳代謝を促す成分が配合されているものが最適です。

効果が期待できる成分としては、肌細胞の材料になるアミノ酸を豊富に含み成長因子の働きで細胞分裂を活発にするプラセンタ、活性酸素を除去して新陳代謝を促進しメラニン色素の沈着を抑える働きのあるビタミンC誘導体、セラミドが挙げられます。

これらは、肌の生まれ変わりをサポートしてくれる成分です。

特に水溶性のビタミンC誘導体は、即効性があって肌に水分を補給し、おとろえかけた肌に働きかけ、しみやしわ、たるみなどを改善することにつながります。

また、ビタミンC誘導体は皮脂分泌をコントロールする特長もあるので、乾燥するけれど肌がテカるといったインナードライ肌対策にも適しています。

しかし、持続性がなくすぐに乾燥する特徴がありますので、より高い保湿力を求めるのであれば、油溶性がおすすめと言えます。

油溶性の場合にはゆっくりと肌の内側に浸透して、潤いが長続きします。

また、化粧水の選び方のポイントとなる成分の一つにヒアルロン酸が挙げられます。

肌の水分にかかすことのできない保湿成分で、角質層に水分を与えて乾燥を防ぐことが期待できます。

水溶性のビタミンのナイアシンは、ヒアルロン酸の2倍以上の保湿力があるといわれています。

ビタミンC誘導体とコラーゲンの生成をサポートする働きがあるといわれ、お肌にハリや弾力を取り戻し、しわの改善に導きます。

アスタキサンチンは天然色素の一つで抗酸化作用を持ちます。

アンチエイジング効果が高く、しみやしわ、たるみなどを防ぐことが期待できるので、ぜひとも取り入れたい成分の一つです。

40代の肌は、免疫力が低下して外部の刺激に弱くなり、不安定な状態になるゆらぎ肌になることがあります。

ゆらぎ肌対策で最も重要なのは、保湿です。

エアコンの風などの弱い刺激にも敏感になっているため、肌に負担のかかる化学成分は無添加で、植物由来のハーブエキスや肌に近い天然保湿因子を持つ酵母エキスが配合された化粧水で潤いを補給しましょう。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどが配合された化粧水が効果的ですが、特に水分保持力の高いセラミドは、角質層にある成分なので敏感な肌でも無理なく使用できます。

セラミドにはたくさんの種類がありますが、敏感肌には刺激の少ないヒト型セラミドが最適です。

ヒト型セラミドは水に溶けにくい性質があるので、分子をナノ化してサイズを小さくしたヒト型ナノセラミド配合の化粧水を選びましょう。

もっと具体的に40代での化粧水を選ぶポイントをみてみましょう!

40代の肌に合った化粧水の選び方としては、アンチエイジング効果の高い、水溶性の成分が配合されているものを選ぶことが一つのポイントとなります。

効果が期待できる成分としてはセラミドやビタミンC誘導体が挙げられます。

特に水溶性のビタミンC誘導体は即効性があるので肌に水分を補給する目的がありますが、持続性がなくすぐに乾燥する特徴があります。

より高い保湿力を求めるのであれば、油溶性がおすすめと言えます。

油溶性の場合にはゆっくりと肌の内側に浸透していくので、潤いが長続きします。

化粧水の選び方のポイントとなる成分の一つにヒアルロン酸が挙げられます。

肌の水分にかかすことのできない保湿成分で、角質層に水分を与えて乾燥を防ぐことが期待できます。

ビタミンC誘導体はおとろえかけた肌に働きかけ、しみやしわ、たるみなどを改善することにつながります。

水溶性のビタミンのナイアシンは、ヒアルロン酸の2倍以上の保湿力があるといわれています。

ビタミンC誘導体とコラーゲンの生成をサポートする働きがあるといわれ、お肌にハリや弾力を取り戻し、しわの改善に導きます。

アスタキサンチンは天然色素の一つで抗酸化作用を持ちます。

アンチエイジング効果が高く、しみやしわ、たるみなどを防ぐことが期待できるので、ぜひとも取り入れたい成分の一つです。

大事なことは…自分の肌の悩みは何かを考え、それを改善してくれる成分が入ったものを選ぶ…!

「最近どんな化粧品を使っても肌が乾燥する」、「肌にハリがなくなり、たるんできた」、「くすみやシミが気になる」など加齢からくる悩みが急激に増えてくるのが40代の肌。

若い頃のニキビや肌荒れと違って、何を使ってもなかなか治らない、と感じてはいませんか?

40代の肌はこれまでと違い、肌の水分量、皮脂量が極端に減少してしまいます。

また、これまで受けた紫外線ダメージが回復できず、肌のターンオーバーも遅くなることからシミやくすみが目立ってきます。

さらに女性ホルモンの低下が原因で、コラーゲンが減少し、肌にハリがなくなってくるのです。

40代は肌トラブルの原因がたくさんあります。

少しでもこの先の老化を食い止めるためには、正しい基礎化粧品を選ぶことが大切です。

基礎化粧品の中でも、化粧水は要といっても良いアイテムですが、何を基準にして選べば良いか迷うところです。

化粧水を選ぶポイントですが、まずは、自分の肌の悩みは何かを考え、それを改善してくれる成分が入ったものを選びましょう。

40代の肌の悩みとして多いのが、たるみ、しわ、乾燥、シミです。

たるみやシワには、ビタミンC誘導体、レチノール、コラーゲン、抗酸化成分などが有効です。

乾燥にはセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入った化粧水がおすすめ。

シミにはビタミンC誘導体、プラセンタエキスなどが有効です。

アンチエイジング成分と保湿成分が一緒に配合されている化粧水を選ぶと効率が良いでしょう。

シミは濃くなってしまうと改善が難しくなるので、薄いうちにケアするようにしましょう。

また、シミは化粧水だけでは改善が難しいので、美容液などに任せると良いかもしれません。

さらに悩みだけではなく、肌質に合わせて選ぶことも大切です。

40代は肌の水分量と皮脂量が減少し、肌のバリア機能が低下することから、敏感肌や乾燥肌に傾きがちです。

そんなセンシティブな状態の時には、低刺激のものや、敏感肌向けの化粧水を選ぶようにしましょう。

パックなどのスペシャルケアとは違い、化粧水は毎日コツコツ使い続ける
ことが大切です。

また、ケチらずにたっぷりと付けてあげることでさらに効果を発揮するので、続けやすい価格であることも外せないポイントです。

無理なく続けられる価格帯のものを選び、ケアを続けるようにしましょう。

40代の化粧水を選ぶポイントは、アンチエイジング成分と保湿成分が一緒に配合されているもので、肌質を考慮し、続けやすい価格帯のものを選ぶということです。

エイジングケアは、早ければ早いほど、有効です。

正しい化粧品選びとスキンケアで老化を食い止めましょう。

でも、いざ自分で選ぶとなると、これはなかなか大変です!

以上、述べましたように、40代の化粧水を選ぶポイントは分かりました。

現在、巷では、それこそ数多くのメーカーから数多くの化粧水が販売され、さまざまに宣伝されています。

その中から、自分でピックアップして、いざ、自分で選ぶとなると、これはなかなか大変です。

何かと忙しくて時間がない、また、煩わしく感じる貴方にとって、至難の業となります。

そこで、そのような貴方のために、当サイトが独自で、40代の貴方の肌に合ったおすすめの人気化粧水を調べてみました。

すでに体験された方のレビューやクチコミ、モニター調査、売れ筋情報やリピート率の動向などから調べた結果をおすすめの人気ランキングとして掲載しています。

ランキング

化粧品  40代へおすすめ  人気ランキング・リスト


  1. アスタリフト(ASTALIFT)  ベーシックトライアルキット  (FUJIFILM)……モイスト・ローション

    アスタリフトASTALIFT社画像フジフイルム「成分×独自技術」のアプローチで実現した化粧品セットです。
    アスタキサンチンと、みずみずしいトマトの力、ナノリコピンWの赤いチカラで、感動のハリ実感へと導きます。

    トライアルキットの内容は、<新感覚のジェリー状“先行”美容液>、<化粧水>、<美容液>、<クリーム>の4アイテム。
    特に、アスタリフト ローション<化粧水> 20mL は、独自のナノ技術で驚きの浸透力!ダブルの赤のパワーでうるおいに満ちたやわらかな肌へと誘います。
    カメラのフィルム作りに必要な技術と、スキンケアの商品作りに必要な技術には、意外な共通点がいっぱいあり、長年のフィルム作りで培ってきた富士フイルムだから生み出せた独自技術が『アスタリフト』高品質の秘密となっています。

    松田聖子のCMで一躍、話題になり、すでに多くの方が体験し、モニター向け使用感アンケートでは、「うるおいを感じた…91%」「ハリ・うるおいを感じた…87%」「継続して使いたい…92%」と好評です。
    今なら、基本4品を5日間しっかり試せるこのベーシックトライアルキットが、通販限定特別価格送料無用で提供されています。

    詳細を見るアスタリフト


  2. アヤナス  トライアルセット【decencia】……アヤナス・ローション・コンセントレート

    decenciaアヤナストライアルセット画像ポーラ・オルビスグループから生まれた敏感肌ケアをしながら、ほうれい線・シワ・たるみのない肌を実感させる化粧品セットです。
    ポーラ研究所のエイジングケア研究の集大成である「アヤナス」の特許技術ヴァイタサイクルヴェールR』により、外部刺激をブロックし、徹底保湿することで、肌のバリア機能をUP
    そして、コラーゲン産生量を170%アップするオリジナル成分配合により、ハリ・弾力をアップさせ、さらに、新知見の「ストレスによる肌荒れ」に徹底対応し、ダメージに負けない、肌荒れのないエイジレスなうるうるハリ肌へ導きます。
    すでに体験された方の声も、「6日目で肌に弾力が戻ってきました!!」「敏感肌でも安心のエイジングケア…!」…などと好評で、数々のベストコスメを受賞し、メデイアでも数多く取り上げられています。
    この度(2016年秋)、リニューアルによりパワーアップして新アヤナスとして誕生…。セット内容は、化粧水・美容液・クリームの3アイテム。特に、濃密化粧水のアヤナス・ローション・コンセントレートは、通常のセラミドの1/20サイズの「セラミドナノスフィア」が肌の奥まで潤いを届け、柔らかな肌へ。さらに、20種類もの美肌成分がぐんぐん浸透し、より深く肌へと働きかけ、輝きをもたらします。
    今なら、じっくり試せる10日間トライアルセット初回限定の特別価格!プレセント付き(アヤナスアイクリームコンセントレート1回分)、さらに、30日以内全額返金保障、送料無料、手数料無料で提供されています。

    詳細を見るアヤナストライアルセット


  3. ETVOS(エトヴォス)  バイタライジング・ローション

    ETVOS(エトヴォス)  バイタライジング・ローションの画像加齢の悩みに幹細胞でケアするバイタライジングラインお試しセットです。
    幹細胞とは、あらゆる細胞に変化できる、細胞のもととなる細胞のことで、自己複製機能があり、分裂して増殖できます。
    年令とともにこの幹細胞が減少することで、肌の生まれ変わる能力が低下し、乾燥、シワ、たるみといった老化現象が現れます。
    そこで、ダブルの幹細胞エキス(アルガン幹細胞、リンゴ幹細胞)の配合によるエイジングケアで肌の生まれ変わりを促し、ハリ;弾力・うるおいのあるすこやかな肌を実感させます。
    特に、モロッコ希少植物からとったアルガン幹細胞などの美容成分がおしみなく配合されたバイタライジングローションは、マッサージもできるとろみ化粧水…肌の深部に取り入れることで、年齢線をピンッとさせてくれます。
    すでに使用された方々からも、「このエイジングケアラインはスゴいの一言!」「定期購入しました…成分的にかなりいいので!」「…リピ買いです!」などと実感の声が多数寄せられSNSでも話題に…。
    セット内容は、クリアソープバー(洗顔石鹸)10g、スキンビールジェル10g、バイタライジングローション(化粧水)30g、バイタライジングクリーム(美容クリーム)10gの4アイテム
    ただ今、2週間のお試しセットがお得な特別価格(今なら更に500円OFF!)、送料無料で提供されています。

    詳細を見るバイタライジングラインお試しセット


  4. シズカニューヨーク    ホワイトニング・エッセンス・ローション

    シズカニューヨーク日本人女性のための年齢肌化粧品の画像ニューヨークの有名エステサロン『シズカニューヨーク』から生まれた日本人女性のための年齢肌化粧品です。
    シミやシワ・ハリ・たるみなどに肌の悩みがある大人の女性を対象に、ニューヨークの一流エステサロンの技術のもと辿りついたWタイムレスケア理論により、どちらかではなく、どっちも気になる方へ、シミ・シワの無い日本人本来の美肌を実感させます。
    つまり、シミだけ、シワだけをケアしても、どちらか一方があれば、光反射率が高まらず、一方が目立ってしまいます。
    このため、シミとシワを同時にケアする必要があります。
    しかし、今までのスキンケアでは、何アイテムも必要でしたが、シズカニューヨークでしたら、薬用美白化粧水保湿美容乳液の、たった2本でケアが完了。
    アイテムは、メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ薬用美白化粧水「ホワイトニングエッセンスローション」と、熟成プラセンタ、熟成コラーゲン高配合の保湿美容乳液「リフティングクリーミーセラム」の2アイテムです。
    すでに愛用の方の声を聞くと、「まさか、こんなに変わるなんて…!」「あきらめていた肌のハリが…!」「エステに行くよりいい感じ…!」などなどと好評です。
    また、数々のメディアから絶賛され、日本人の女性美を追求したNYエステの化粧品として、多くの賞を受賞した話題の化粧品です。
    ただ今、モニター募集キャンペーン中で、お得な「オールイン2BOX」定期お試し便60%OFF!(初回限定)、送料無料などの特典付きで提供されています。

    詳細を見るシズカニューヨーク


  5. ミューノアージュ(MUNOAGE)    トライアルキット……モイスチャー・チャージ・ローション

    ミューノアージュトライアルキットの画像7種類のペプチドを配合したシミ・しわ・たるみ肌のための化粧品セットです。
    とくに、保湿化粧水のモイスチュアチャージローションは、肌荒れセンサーカプセルがはたらいてダメージを効果的に修復する、美容液クラスの化粧水です。
    皮膚のエキスパートである小泉明子氏による積極的に年齢に立ち向かう攻めのエイジングケア…肌に優しくかつ効果が実感できる化粧品をつくりたいという想いから生まれた先端美容の化粧品が、肌にうるおいを注ぎ込み、ハリ・弾力を実感させます。
    すでに多数の方々が使用されており、「劇的にキメや毛穴が改善、孫の肌のようなモチモチ肌に!」など、非常に好評です。
    また、メディアでも数多く取り上げられ、「この化粧水大好き!お疲れ肌に必要~!」などと、女性雑誌にも掲載されています。
    今なら、数量限定の化粧水・クリーム・薬用美白美容液のトライアルキット(10日分)特別価格で、送料無料・代引き手数料無料で提供されています。

    詳細を見るMUNOAGE(ミューノアージュ)


  6. ライスフォース    (トライアルキット)……ディープ・モイスチャー・ローション

    米肌美人ライスフォース社画像ライスパワーエキス配合のスキンケア「ライスフォース」のトライアルセットです。
    お米のエキスのチカラで、のどの乾きを癒やすようにうるおって、肌をスッキリとさせてくれます。
    手間・ヒマかけられない人のエステ級コスメとして、「キメが整って、肌がふっくらやわらかくなりました!(モデル・とよばさき さん)」など芸能界やモデルの方々にも愛用者が急増しており、プロも認める高い品質で、満足度はうるおい97%キメ99%、ハリ・弾力91%、毛穴の開き89%…と高い評価を得ています。
    化粧水・美容液・クリームの3点セットで、極潤美白セット(うるおいと毛穴)、透明美白セット(シミ・くすみ)のどちらかのタイプが選べます。
    今だけの、トライアルキット特別価格!さらに、3大特典として…使用後でも返品OK!全国送料無料!手数料無料!が付きます。

    詳細を見る詳細を見るライスフォース・トライアルキット


  7. アルケミー(alchemy)トライアルセット    (レクシア)……ハイドロ・リフレックス・ローション

    ハイドロリフレックスローション(アルケミー・トライアルセット)の画像いま注目の酵母発酵エキスを配合した、保湿スキンケア・セットです。
    化粧水・ハイドロリフレックス ローションは、独自に開発された酵母発酵エキスVEGALによって、優れた保湿性、弾力性を発揮し、高い浸透性で角質層までしっかりとうるおいを届けます。
    肌内部の水分と油分のバランスの乱れによって20代後半から訪れる肌の変化…毛穴の開き、ハリ不足、テカリ、うるおい不足、etc…の肌の悩みを、潤い・弾力アップでトータルカバーし、あこがれの凛と輝く素肌を実感させます。
    すでに体験された方の声も「翌朝、お肌を触ると、プルッと弾力感が…!(20代・乾燥肌)「全てがしっとりとした使用感でとてもびっくり…!(20代・乾燥肌)」など好評です。
    今、メディアや女性週刊誌で話題実力派スキンケアです。
    今なら、トライアルセット( 化粧水をふくむ5アイテム1週間分 )が、お得な特別価格・送料無料で提供されています。

    詳細を見る詳細を見る「アルケミー(alchemy)」トライアルセット


  8. ホスピアップ  化粧水    (湘南美容外科クリニック+メタトロン化粧品)

    ホスピアップ化粧水の画像湘南美容外科クリニックメタトロン化粧品共同開発したリフトアップ化粧水です。
    これまで、化粧水に配合するのが難しいとされてきた「ホスファチジルコリン」を高濃度配合しています。
    このため、女性の永遠の悩みといわれるフェイスラインの悩みを改善し、肌にハリをあたえます。
    フェイスライン、マリオットラインにお悩みの方二重顎が気になる方へおすすめです。
    すでに、使用されて方の声も、「鏡で見る自分の印象が違う!」「気持ちも表情も上向きです!」などと好評で、湘南美容外科での化粧品販売本数が3ヵ月連続1位の実績をあげるなど、人気との実力をもった化粧水です。
    今回、湘南美容外科の専用フェイシャルローションのホスピアップを特別に3000本をWEB限定で販売!
    今なら、お得な定期便初回価格47%OFF!の特別価格送料無料で提供されています。

    詳細を見る【ホスピアップ】


  9. 米肌【まいはだ】  (コーセー)……肌潤化粧水

    コーセーの米肌の画像ライスパワーによるセラミド配合の肌潤化粧水を含む化粧品お試しセットです。
    お米を長時間発酵熟成したライスパワーNo.11は、水分保持能のカギ「セラミド」を作り出し、自らうるおう肌へと改善します。
    そして、肌のうるおい不足による開き毛穴、でこぼこ毛穴などの毛穴の悩みをなくします。
    すでに多くの方が体験されていますが、「肌がふっくら毛穴も気にならない。(S.Eさん 27才)」「毛穴だけじゃない、うれしい肌効果も♪(S.Tさん 30才)」と好評で、満足度90.6%(コーセー調査)20代、30代による支持が多いのも特徴です。
    また、タレント・モデルさんも注目し、女性雑誌にも多数掲載されるなど、メディアでも取り上げられています。
    今だけの、通販限定、14日間トライアル6点セットが特別価格で送料無料、肌潤化粧水マスク(非売品)のプレゼント付きで提供されています。

    詳細を見る米肌で理想的な素肌を


  10. イキテル  ローション  (ヤクルト)

    ヤクルト「イキテル」ローションの画像Yakultが提供する、混合肌むけの化粧水です。
    テカリ小鼻、ギトギトおでこ…カサつくほほ、ザラザラあご…混合肌の原因のうるおい不足を、乳酸菌研究を続けてきたヤクルトの技術を応用したスキンケア商品です。
    ヤクルトがビンで売られていた時代に、回収したビンを洗っていた手がすべすべになるのに気がついて、肌になじみやすく保湿性の高い乳酸菌の美肌成分の発見につながったエピソードが有ります。
    今だけの、たっぷり1.5ヶ月分の「イキテル」ローションがWEB限定の半額特別価格・送料無料のキャンペーン中です。

    詳細を見るイキテル化粧水半額キャンペーン


  11. ランキング TOP↑

40代の肌と化粧水のはなし…あれこれ・・・

40代の肌荒れ改善化粧水は肌質に合わせて選ぶ…

40代になると、これまでとは皮脂分泌が違ってくるので、保湿を意識したスキンケアをする必要があります。

年代的に衰えを感じる肌を保護してくれるスキンケアが大事で、加齢によるシワやたるみをサポートし、ハリと弾力を与えてやることが大事です。

40代の人が肌荒れ改善のために化粧水を選ぶ時は、肌悩みに効果的な成分が入っているものをチョイスし、肌質に合わせて選ぶことが大事です。

肌荒れ改善のための40代にオススメの化粧水は、美白やエイジングケアなど、自分の肌悩み効果的な成分が配合されているものです。

一般的に40代に入ると、肌の悩みで多いのが、乾燥、たるみ、しわ、シミなので、それぞれの肌荒れの悩みに対応した成分が入っているかどうかが大事になってきます。

乾燥や小じわには、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿力の高い成分がオススメです。

たるみやしわなどのエイジングケアには、レチノール、ヒトオリゴペプチド、コラーゲンなどの肌のハリをケアしてくれる成分が効果的です。

美白やシミには、アルブチン、ビタミンC誘導体などの美白成分が有効です。

肌荒れ改善のためには、自分の肌質に合わせて選ぶことが重要で、40代の化粧水で人気なのは、敏感肌や乾燥肌向けのアイテムです。

40代になると多くの場合、加齢によって女性ホルモンや皮脂の分泌量が減るので、乾燥肌になります。

そのため、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分がしっかり入った化粧水がオススメです。

使い続けられる価格帯のものを選ぶことも大事で、少なくとも3ヶ月くらい使い続けないと効果を実感することはできません。

従って、高いものを買うより、無理のない価格のアイテムを使い続けるほうが効果は期待できます。

特に40代の肌荒れの悩みで多いシミやエイジングケアについては結果が出にくいので、しっかり継続して行く必要があります。

自分がストレスなく使い続けられるアイテムを選ぶのがコツなので、失敗しないよう、まずはトライアルで試してみることです。

40代の肌荒れ改善のための化粧水でオススメなのは、敏感肌向けの化粧品で定評のあるアヤナスのローションコンセントレートです。

肌に優しいエイジングケアのコンセプトで作られている化粧水として定評があり、角質の奥まで保湿してくれるヒト型ナノセラミドが配合されています。

また、肌にハリとツヤを与えてくれるCVアルギネートが含まれているので、肌に嬉しい働きをもたらしてくれます。

しわや小ジワ、たるみ毛穴など様々な肌荒れの悩みに対応していて、アルコールや香料不使用で敏感肌でも使いやすいので、40代の人にイチオシです。

乾燥肌が気になる40代におすすめの化粧水…

乾燥肌が気になってしまう40代の方はとてお多いです。

まず、年齢とともにどんどんコラーゲンの生成が減少してしまうことも原因として挙げられます。

コラーゲンは、細胞同士をつなぎとめる役割があり、これが減ってしまうことで乾燥肌になってしまいます。

ちなみに、コラーゲンは真皮の部分ですが、表皮にあるセラミドは、20代から減少してしまうため、こちらも注意が必要です。

普段使う化粧水も、若い時と同じものを使っていては、エイジングケアが間に合わず、40代の方の乾燥肌に対応することができません。

年齢に応じたスキンケアをしていくために、化粧水選びもポイントを抑えて行っていきましょう。

まずとにかく保湿が重要なポイントです。

化粧水の中でも、お肌のタイプ別、求めるスキンケア別になっていたりしますので、保湿ケアができるものを選んでいきましょう。

化粧水に配合されている保湿系で有効成分といえば、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどが挙げられます。

これらが配合されている化粧品、またその中でも特にしっとりタイプと肌タイプ別になっているものは、40代の方にもおすすめです。

さっぱりタイプは、使用感がさっぱりとしていますが、その使用感だけではなく保湿成分の量も少ない場合もあります。

脂性肌の方向けにつくられていることもありますので40代の方はしっとりタイプを選んだ方が良いです。

また、化粧水だけではなく、美容液、クリーム、乳液なども合わせて使っていきましょう。

その美容液の中にも保湿系成分が濃縮されてい入っているものを使うと、相乗効果もあります。

化粧水を使う前に導入剤ということで、より化粧水の浸透をよくすることができるアイテムもありますので、上手く使っていくと良いでしょう。

導入剤を使うことで、お肌の状態がととのい、浸透しやすくなるだけではなく、細胞レベルで吸収率をあげていくことができますので、その効果は歴然です。

乾燥肌になる原因として、紫外線の影響を受けてしまうこともあげられます。

ターンオーバーの働きもくずれがちで、バリア機能も低下してしまいますので、紫外線対策として日焼け止めを毎日使うことも大事です。

夏場だけ使う方も多いかも知れませんが、シミも老化現象の一つですし、毎日使う事で予防することができますのでおすすめです。

色々なメーカーから出ていますが、コスメ系のランキングや口コミ評判なども参考にすると、満足度の高いものを探すことができます。

しわが目立ってくる40代肌が選びたい化粧水…

肌に必要なコラーゲンが減少してしまい、目立った変化が出やすくなる40代。

保湿ケアのためだけに化粧水を選ぶよりも、しわに働きかける成分が入っている物なら、年齢肌の悩みに対して効果的にアプローチできます。

しわができる原因は、紫外線によるダメージや乾燥、皮膚を支える表情筋の衰えなどが考えられます。

このようにしわを招く原因は多岐にわたるので、ライフスタイルを考慮しながら、肌の衰えを回復できる成分を配合した化粧水を使って40代に見えない肌を目指しましょう。

子どもと一緒に屋外で過ごすことが多いという40代の肌は、強い日差しにさらされているので、まずは紫外線のダメージで増えてしまう活性酸素を減らすことがしわ対策になります。

活性酸素を除去するための酵素は体内にも存在しているのですが、加齢によって減少してしまいます。

そのため、40代以降の化粧水選びでは、その酵素の代わりに働いてくれるような抗酸化成分が必要です。

化粧水に配合されている代表的な抗酸化成分には、ビタミンC誘導体、アスタキサンチンなどがあります。

40代はホルモンバランスの変化が目立ってくるため、肌の悩みも多くなってきます。

肌が乾燥しやすく、ダメージを受けやすい状態になると、比較的皮膚が薄い目元や口元に細かいしわが増えてしまいます。

乾燥からくるトラブル解決に役立てられるのは、セラミドやヒアルロン酸を配合している化粧水です。

皮脂が少なく、保湿をしてもすぐにみずみずしさが失われてしまう肌には、スクワランなどのオイルが入っている化粧水を使ってみましょう。

これらの成分は低刺激で肌になじみやすいので、敏感肌でお手入れがしにくくなっている40代肌にも適しています。

たるみによって発生しているしわは、表情筋を鍛えることが大事です。

それと同時に新陳代謝を促す成分やハリ感を高められる成分が入っている化粧水を選んでみましょう。

成長因子が含まれているプラセンタエキスは、肌の生まれ変わりを助けてくれます。

肌に弾力をもたらすコラーゲンと成分を繋ぎ止めるエラスチンは肌に活力を与えてくれる大事な成分です。

40代になると、これらの成分が少なくなってしまうので、コラーゲンの生成を助けるビタミンCや肌を作り出す際に必要になるアミノ酸も、肌の衰え解消に効果的です。

40代は皮脂と水分のバランスが崩れやすくなるため、オイリーな肌に見えても内側が乾いているインナードライ肌になっていることがあります。

肌がべたついてしまうのは水分不足が原因になっていることもあるので、肌質に合ったテクスチャーの化粧水で、念入りに保湿をしましょう。

40代になったら美白化粧水を使いましょう…

くすみやしみが気になり始める40代の人は、肌年齢を感じることが多くなり、しみが急に増えてきたり、肌の透明感がなく、くすみがちになることが多くなってきます。

若いころなら新陳代謝が活発なので、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーによってメラニン色素が排出されやすいのですが、40代の肌は、ターンオーバーが乱れやすく、メラニン色素が肌に沈着しやすくなっています。

乾燥しやすいことも40代の特徴です。

肌の角質層に水分をため込んでおく力が弱くなったり、生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーも乱れがちになるため、肌がごわごわと固くなっています。

また、化粧水をたっぷりと使っているのに、肌が乾燥したり、化粧水の水分がしみ込みにくくなったりしている場合が多くみられます。

このため、肌にたっぷりと水分を与えることができるように、肌を柔らかくする効果がある化粧水選びをすることが大切です。

メラニン色素対策をしたい40代になったら、まだしみが少なくても、これから増える可能性が高いので、美白化粧水を使うことをおすすめします。

40代の人の肌は、ターンオーバーが乱れてくるため、保湿力が高く美白もできる化粧水を使いましょう。

肌のごわつきをケアしていくことで、化粧水が浸透しやすい肌になっていき、徐々に効果を期待できるようになります。

しっかりと化粧水を使うことで、保湿と美白をすることができるため、ターンオーバーやバリア機能を正常化させ、みずみずしい素肌になることが期待できます。

40代の人の肌は、お手入れをしっかりと行うことによって、みずみずしさを取り戻しやすく、しわやたるみのケアもすることができます。

美白化粧水を使うと、肌のくすみのケアをすることができ、保湿で細胞がふっくらとするため、透明感があり、決めの整った光をきれいに反射することができる肌になることが期待できます。

美白化粧水でのケアをしっかりとして、みずみずしい素肌になると、ファンデーションなどのメイクののりもよくなるので、薄づきのファンデーションでもきれいにみえるようになり、素肌の美しさを楽しむことが期待できます。

40代になったら、保湿力が高く、エイジングケアもできる美白化粧水を選び、毎日のお手入れを続けましょう。

40代が化粧水を選ぶ時や使用時の注意点

40代になりますと若い時と同じように化粧水を使ってケアをしても注意しないといけない点が多々あります。
特に20代だと化粧水だけを使用していたという方も多いかもしれませんが、40代で同じようなスキンケアをしていると乾燥がしやすい状態ですから、それだけだと足らないことが多いでしょう。

40代は水分と皮脂のバランスが崩れてくる年代であり水分量を維持できませんから適切なスキンケアと化粧水の選び方が注意点としてあります。
乾燥を防いで保湿するためには化粧水が重要であり、今までと同じような使い方・選び方ではいけません。

特に40代の化粧水の選び方の注意点としてあるのが、保湿成分が含まれているかどうかです。
保湿成分が多く配合されているほど肌に浸透しやすく、エイジングケアになります。
若い時のものだと浸透力が足らないことがありますから、そのまま使用している肌が乾燥してしまう可能性があるでしょう。

エイジングケアと保湿の両方から考えた場合に配合していた嬉しい成分と言えるのがリコピン、アスタキサンチン、ナイアシンなどになりまして、一般的に知られている保湿成分以外にも注目しておいてください。

保湿力もそうですが、浸透力に着目することが重要になりまして、多くの女性はインナードライの状態であると言われていまして、肌表面は潤っているように見えても肌の内部は乾燥してしまっていることがありますから保湿力が如何に高くても浸透力が足りないと肌表面だけに成分が留まってしまいますから肌の奥へと成分を届けてあげることも考えることが大切です。

もちろん40代が化粧水を使用する時にも注意点がありまして、それだけではなく乳液やクリームなども併用することで保湿成分が逃げないように蓋をしてあげます。
肌の奥へと届かしてあげるのと同時に、肌表面から逃げないようにしてあげることにより、高い効果を期待できるのです。

また化粧水を使用する際は肌に負担をかけないように力を入れすぎたり、擦りすぎたりしないようにしてください。
肌はとてもデリケートですから優しくケアをして、使用する量もケチらずに多く使用すると良いかもしれません。

スキンケアは毎日続けて行くことが大事であり、1日しっかりとしたからといって、それが続く訳ではありませんから毎日することで肌を良い状態へと導けます。
40代だからこそ若い時よりも保湿することが大事であり、細かいてんも注意しながらスキンケアをしていきましょう。

■化粧水40代へおすすめ@人気ランキング…について…■

当サイトで紹介しているランキングは、当サイトの独自の調査にもとづいて決めた結果ですので、ご了承いただきますようお願い致します。

すでに体験された方のレビューやクチコミ、モニター調査、売れ筋情報やリピート率の動向などから調べた結果をランキングしています。

それらに加え、スキンケア大学、 All About などの美容の専門家、プロの方々の見解も参考にさせていただき、また、JCLA 日本化粧品検定協会、さらには、厚生労働省 医薬・生活衛生局などの公的機関のサイトも参考にさせていただきました。

カラダが激変する40代女性にとって、肌の悩みは大きなウエイトを占めます。

今、自分のカラダに何が起こっているのか、そして、そのことによって自分の肌がどのように変化しているのか…このことを直視し、素直に認め、そこから必要で、適切な自分にあってケアを探し、実行する…

そして、手を抜くことなく、こまめにお肌のケアをしてあげる…。

それが、今後の貴方の肌年齢を決めると行っても過言ではありません。

このサイトが、そのための貴方の一助となれれば幸いです。

ランキング



■ サイト・コンテンツ ■

40代の肌と化粧水

  • 40代向きの化粧水の特徴は保湿効果の優れたものを選ぶ…!
    • 40代になると肌の乾燥が進み、これまでに見られない老化が進行してきます。そのため、化粧水は保湿効果が優れたものを選ぶ必要があります。
  • 40代の肌荒れに悩む方におすすめの化粧水は…?!
    • 40代で肌の老化を実感される方は、エイジングケアの化粧水に変えてケアすることをオススメします。若いころと同じものを使い続けるのではなく、年齢や肌の状態に合わせた化粧水を選んだら、しっかり浸透させましょう。
  • 40代の肌荒れに悩む方におすすめの化粧水は…?!
    • 40代で肌の老化を実感される方は、エイジングケアの化粧水に変えてケアすることをオススメします。若いころと同じものを使い続けるのではなく、年齢や肌の状態に合わせた化粧水を選んだら、しっかり浸透させましょう。
  • 乾燥しやすい40代のお肌に最適な化粧水とは…?
    • 40代になると皮脂の分泌量が低下してしまうため、外側からきちんとケアを行ってお肌の保水性を高めてあげることが大切となります。
  • 40代に必要な化粧水には、とにかく保湿…
    • 40代のお肌は20代、30代の時に比べると乾燥しがちになってきます。お肌の乾燥はしみ・シワ・たるみ・くすみ・毛穴の開きといった肌トラブルにつながります。
  • 40代のケアで取り入れたい美白化粧水…
    • 40代は肌の衰えが顕著に出る年代であり、乾いた肌は外的刺激を受けやすくなりますのでかなりリスクが高い状態ですので、保湿成分が配合されている美白化粧水を選ぶことがとても大切です。
  • 40代 シミが気になる方へのおすすめの化粧水…
    • 40代になると、若い頃に浴びた紫外線の影響から、お肌にシミやソバカスが目立ち、お肌に疲れが見え始めますので、日頃から紫外線対策をしっかりとしましょう。
  • 毛穴の開きに悩む40代におすすめの化粧水…
    • 40代になって毛穴の開きに悩まされるようになったという人は多いですが、40代の場合は乾燥やたるみが原因となっている可能性が高いです。
  • くすみが気になる40代に効果的な化粧水…
    • 40代の女性が悩むことが多いのが、顔のくすみでが、手っ取り早く解消するには、くすみケアに効果的な化粧品を使うことが大事です。 そのためには、まず保湿作用の高い化粧水を選ぶ必要があります。
  • 40代に向いているのはさっぱりした化粧水…
    • 化粧品を選ぶときは、肌の性質に合わせて選ぶのが基本ですが、年代によって重視するべきポイントが変わってきます。40代で使用する化粧品を選ぶときは、さっぱりしているかどうかを重視する必要があります。
  • 40代になったらしっとりタイプの化粧水を…
    • 40代になるとかなり肌の水分量が少なくなっています。20代の頃は全然乾燥していなかった人も肌の乾燥が気になっているはずです。だから、化粧水を使うのならばしっとりタイプを使います。
  • 40代、化粧水で肌のハリを取り戻しましょう…
    • 40代の年齢肌への対策をするのにはエイジング化粧品として様々な種類の化粧水が販売されています。それぞれに特化したものもあれば、いくつもの機能を併せ持ったものもありますので、自分のお肌の悩みに沿って選ぶことをお勧めします。
  • 40代の方にお勧めしたいデパコスの化粧水…
    • 40代は本格的に老化現象が出てくる時期でもあるので、アンチエイジングに力を入れていきたいのであればデパコスの化粧水を試していただきたいです。 デパコスと言うのは所謂デパートで販売されている高級な化粧品のことを言います。
  • 40代の化粧水をドラッグストアで購入しよう…
    • 40代になると肌の保水力がかなり低下してきますから、対策をするなら保湿ケアが鍵となります。
      ドラッグストアの売れ筋商品は総合ケアに適しており、多くの肌質にマッチします。
  • 40代の肌になじみが良い韓国の化粧水…
    • 40代のスキンケアで最も重視されている化粧水に関しても、韓国製品は価格のわりに年齢肌対策に非常に有効性が高い成分が使われていたり、敏感肌の人も安心して使えるオーガニックにこだわった製品が比較的安価に購入できるなど、気になる化粧水の宝庫となっています。
  • 高級でなくてもいい?40代は化粧水等をライン使いで…
    • 40代くらいになるとより高級な化粧品を使帯という人も増えてくるといえます。
      確かに高級な化粧品には様々な美容成分などが配合されています。しかし、高級だからといって自分の肌に合うかどうかは別なのです。
  • 40代の化粧水選びはエイジングケアを意識しよう…
    • 40代からはデイリーケアで使う用品、たとえば化粧水を選ぶ際にも、この老化現象によって起こり得る肌悩みにケアできること、つまりエイジングケアできることを意識するのが望ましいです。
  • ハリ不足に悩まされる40代におすすめの化粧水…
    • ハリ不足に悩まされる40代におすすめの化粧水についてですが、コラーゲンやエラスチンやプラセンタやヒアルロン酸やセラミドなどの加齢によって不足しがちな美容成分が豊富に贅沢に含まれているエイジングケア化粧水です。
  • 40代の化粧水はプチプラでも良いのか…
    • 化粧水は実に多くの種類があり、1000円以下で購入できるプチプラのものもあれば、デパートで販売されているような高級品まで実に幅広く用意されています。40代の肌にもプチプラの化粧水で良いのかということとありますが、肌質に合っていれば大丈夫と言えるでしょう。
  • きれいな40代になりたいなら毛穴対策化粧水を…
    • 40代の肌は、保水力が低下しており、長時間水分を肌の内部にキープすることができないので、化粧水で水分を補給するだけではなく、保湿成分でしっかりと水分を肌の内部にため込むことがポイントになります。
  • 40代が使う化粧水と乳液はどのようなものが良いのか…
    • 40代になるとより肌質が変わると実感します。エイジングケア成分が入っている化粧水を選ぶことで、肌のたるみやほうれい線を防ぎましょう。
  • 40代向け化粧水に含まれている美白成分…
    • 40代向けの化粧水には、高保湿成分や美白成分などがふんだんに配合されています。
      高保湿成分でお肌にうるおいをプラスし、美白成分でシミやくすみの対策を行うのです。
  • 40代の女性が化粧水ブランドに求めるものとは?…
    • 40代の女性達は化粧水ブランドに一体何を求めるのでしょうか?それは「保湿」と「ビタミンC」と「UV対策」です。
  • 人気成分が含まれている40代に最適な化粧水とは…
    • 40代でも健康体を維持したい方はビタミンCとイソフラボンが含まれた化粧水をお勧めします。更年期障害にも効果があるとされているので、化粧水に含まれている成分の中で40代に特に人気のある成分です。

40代と化粧水…体験談

知って得するスキンケア情報

  • アンチエイジング用の化粧水…!
    • よかれと思ってアンチエイジング用のスキンケアをしても、肌にいいように働かなければ意味がないので、肌はその人その人の状態にあったケアをすることが一番大切です。
  • 保湿力の高いセラミドが肌から少なくなると…
    • 保湿力の高いセラミドが肌から少なくなると、貴重な肌のバリア機能がかなり弱まってしまうので、肌の外からの刺激をブロックすることができず、乾燥とか肌が荒れやすいといううれしくない状態になります。
  • 乾燥が相当酷いのでしたら…
    • 乾燥が相当酷いのでしたら、皮膚科の病院を受診してヒルドイドなどの保湿剤を処方してもらうというのもいいんじゃないでしょうか?一般に売られている美容液やら化粧水やらにはないような、効果絶大の保湿が可能になります。
  • 心なしか肌が荒れぎみだ…
    • 「心なしか肌が荒れぎみだ。」「今よりもっと自分の肌にぴったりのコスメを見つけたい。」と思うようなことはないですか?
  • 化粧水や美容液でよく聞くセラミドは…
    • 化粧水や美容液でよく聞くセラミドは、肌の細胞と細胞の間に存在する細胞間脂質と言われるもので、皮膚の一番外側の角質層の中で水分をしっかり蓄えてくれたり、肌の外から刺激物質が入らないようにして肌をプロテクトする機能があるという、非常に大切な成分だと言えるでしょう。
  • 肌の潤いが全然足りないといった肌状態の時は…
    • 「肌の潤いが全然足りないといった肌状態の時は、サプリで保湿成分を補給する」なんていう女性も多数いらっしゃると思います。いろんなサプリが買えますので、自分に足りないものを摂るようにしたいものです。
  • スキンケアのときに化粧水などの基礎化粧品を使う際は…
    • スキンケアのときに化粧水などの基礎化粧品を使う際は、お買い得といえる価格のものでも構いませんので、有効成分が肌にまんべんなく行き渡ることを第一に、多めに使うことを意識しましょう。
  • 歳をとることで発生する肌のしわなどは…
    • 歳をとることで発生する肌のしわなどは、女性にとっては大きな悩みだと言えますが、プラセンタはこの様な加齢と共に生まれてくる悩みにも、高い効果を見せてくれると思います。
  • 口元だとか目元だとかのわずらわしいしわは…
    • 口元だとか目元だとかのわずらわしいしわは、乾燥が引き起こす水分の不足に原因があるとのことです。スキンケアに使う美容液は保湿用途のものを使って、集中的なケアを行ってください。継続して使うのは必須の条件と考えてください。
  • 肌の乾燥が進んで…
    • 肌の乾燥が進んで、我慢できないくらい酷いようだったら、皮膚科の病院に行ってヘパリン類似物質などの保湿剤を処方してもらうのもいいんじゃないかと思います。通常の美容液やら化粧水やらにはないような、確実な保湿が可能になります。
  • 化粧水などに使われているヒアルロン酸の特徴…
    • 化粧水などに使われているヒアルロン酸の特徴として挙げられるのは、保水力がとても高くて、水を豊富に肌に蓄えられるような力を持つことではないでしょうか?肌の瑞々しさを保持するためには、欠かせない成分の一つだと言っていいと思います。
  • 美白のうえでは…
    • 美白のうえでは、差し当たり肌でメラニンが生成されないように抑えること、そして基底層で作られたメラニンが真皮などに色素沈着しないようにうまく阻むこと、そしてターンオーバーが正常に行われるようにすることが求められます。
  • 万事につき…
    • 万事につき「過ぎたるは及ばざるが如し」が通用します。スキンケアについても、やり過ぎて度を越すようだと、逆に肌が傷んでしまうこともあるのです。
  • 美容皮膚科の医師に処方される薬のヒルドイドは…
    • 美容皮膚科の医師に処方される薬のヒルドイドは、血流をよくする効果もある屈指の保湿剤だと言われているのです。気になる小じわへの対策に肌を保湿したいということから、乳液代わりとしてヒルドイドを使用する人もいるのだそうです。
  • 肌の潤いに欠かせない成分は大きくわけて2つのタイプがあり…
    • 肌の潤いに欠かせない成分は大きくわけて2つのタイプがあり、水分を壁みたいに両側から挟み込み、その状態を維持することで肌を潤す働きを見せるものと、肌のバリア機能を高め、刺激物質が中に入ってこないようにする機能を持つものがあるとのことです。
  • 潤いのない肌が嫌だと感じるときは…
    • 潤いのない肌が嫌だと感じるときは、化粧水をしっかり染み込ませたコットンを肌につけるといいでしょう。これを続けることによって、ふっくらとした肌になってちょっとずつキメが整ってくることを保証します。
  • 乾燥肌で苦しんでいるなら…
    • 乾燥肌で苦しんでいるなら、冷えを防止することが大事です。身体が冷える食べ物をしょっちゅう食べるような人は、血流が悪化しお肌の防護機能も弱くなるので、乾燥肌が今以上に深刻化してしまうと思われます。
  • 高い価格帯のコスメでない場合は…
    • 高い価格帯のコスメでない場合は、美白効果はないと思っていませんか?ここ最近は安い価格帯のものもたくさん売られているようです。安価であっても結果が期待できるのなら、価格の心配をする必要もなく惜しげもなく利用することができます。
  • 脂分が含まれる食品を多く摂り過ぎますと…
    • 脂分が含まれる食品を多く摂り過ぎますと、毛穴は開きやすくなります。バランス重視の食生活を送るように努めれば、たちの悪い毛穴の開きも解消すると思います。
  • ほうれい線があると…
    • ほうれい線があると、老いて見えることが多いのです。口角付近の筋肉を使うことによって、しわを薄くすることも可能です。口輪筋のストレッチを習慣にしていきましょう。
  • 美肌を手に入れたいなら…
    • 美肌を手に入れたいなら、食事が肝になります。殊にビタミンを最優先に摂るようにしてほしいですね。事情により食事からビタミンを摂ることが困難だという人は、サプリメントの利用をおすすめします。
  • 目元周辺の皮膚は特別に薄いため…
    • 目元周辺の皮膚は特別に薄いため、力いっぱいに洗顔をするということになると、肌を傷つける可能性があります。特にしわの要因となってしまう心配があるので、控えめに洗顔する必要があるのです。
  • 「レモンの汁を顔に塗るとシミが消えてなくなる」という世間話がありますが…
    • 「レモンの汁を顔に塗るとシミが消えてなくなる」という世間話がありますが、ガセネタです。レモンに含有されている成分はメラニン生成を助長する作用がありますから、さらにシミが生じやすくなるはずです。
  • 肌が老化すると…
    • 肌が老化すると防衛する力が落ちていきます。その結果、シミが形成されやすくなるわけです。老化防止対策を敢行することで、いくらかでも老化を遅らせるようにして頂ければと思います。
  • 睡眠と言いますのは…
    • 睡眠と言いますのは、人にとりまして至極大切だと言えます。眠るという欲求が叶えられないときは、相当ストレスが加わります。ストレスによる肌荒れが起きて、敏感肌になってしまう事も多々あるのです。
  • 乾燥するシーズンがやって来ると…
    • 乾燥するシーズンがやって来ると、外気中の水分が減少して湿度が低下してしまいます。ストーブとかエアコンといった暖房器具を使いますと、尚の事乾燥して肌荒れしやすくなってしまいます。
  • Tゾーンに生じてしまった目に付きやすいニキビは…
    • Tゾーンに生じてしまった目に付きやすいニキビは、主として思春期ニキビという名前で呼ばれます。15~18才の思春期の頃は皮脂の分泌量が多めで、ホルモンバランスが壊れることが元となり、ニキビができやすくなるのです。
  • どうにかして女子力を高めたいなら…
    • どうにかして女子力を高めたいなら、姿形ももちろん大切ですが、香りにも神経を使いましょう。優れた香りのボディソープを選べば、ぼんやりと香りが保たれるので好感度も高まります。
  • 不愉快なしわの対策としてはセラミドであったりヒアルロン酸…。…
    • 不愉快なしわの対策としてはセラミドであったりヒアルロン酸、それ以外にもコラーゲンだったりアミノ酸等々の効果的に保湿できる成分が配合してある美容液を使いましょう。

ランキング